THE DOG WHO KNEW TOO MUCH

2015.07.17 *Fri
昨日、スリフトショップへ子供用のサッカーボールを捜しに行って、ついでに本も買ってきました。


子供用のサッカーボールの空気を少し抜くと、モモと未来の良いおもちゃになるので、時々さがしにスリフトショップへ行きます。
昨日は、何とはなしに何か面白そうな本はないものか、と本棚を物色していたら、
こんな表紙の本に出くわしました。



150717_01.jpg


あらま、ボーダーが表紙に居るじゃないの。

これは、買うよね。


150717_02.jpg

右耳が白いのね。



スペンサー・クインって人の本。
この人、ニューヨーク・タイムズのベストセラー本「Dog on It」の作者と載ってる。
家に帰ってちょこっと調べてみたら、たくさんのシリーズ本が出版されてます。
私立探偵のバーニーとその相棒の犬チェットのミステリー本らしい。
私の買った本はシリーズの4冊目みたい。


チェットって犬は本の表紙にあるボーダーじゃなくてシェパードミックスみたいだな。
ん、なんでボーダーが表紙に?

ちょこっと読んでみたけど、面白そうだよ。
チェットの目線で話が進むんだけど、犬としての感じ方で書いていて(たぶん)、これはシリーズの最初から読んでみたいと思わせます。
バーニーもなんだかダメダメ感ありの男だし、チェットも優秀なんだけどどこか抜けてるところあり。

東京創元社から翻訳本も出ているようです。
表紙の絵がこちらのものとは、感じが違うなあ。

私の買ったものはまだ翻訳されてないのかな?

翻訳ものがなくとも、そんなに難しい英語じゃないみたいだから読めそうよ。







スポンサーサイト
COMMENT (2)  EDIT | 

COMMENT

グレ母さん、
やっぱりグレ母さん、ご存知でしたか、もう読んでいるかなと思ってました。

耳はねえ、こちらで出版されているものの表紙は、3冊は耳が白くなくてあとは、右耳が白いです。
う~ん、耳の色はどうでも良いのかしら?
やっぱりシリーズものは最初から読まないと駄目かな。

日本でもそれなりに評判が良いシリーズなんですね、きっと。
こちらでは、このシリーズの新しい本が出版されたみたいです。
読むの追いつかないわ。

2015/07/18(土) 22:15:12 | URL | たまあみ #g7r.6ZAU [Edit
チェットシリーズ、図書館で借りようか悩んでた。
やっぱ借りてみようかな。
これね、翻訳されて最初に出た単行本の表紙では左耳が白いのよ。
文庫化の時に改題されて「助手席のチェット」になったら右耳が白いの。(笑)
読めば、ほんとはどっちなのかわかるかな。
よーし、予約しよう。
2015/07/17(金) 16:31:13 | URL | グレ母 #QqTnvOOc [Edit

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © Knit 1, Purl 2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

たまあみ

Author:たまあみ












カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




検索フォーム






FC2カウンター