The Poo Company

2015.06.24 *Wed
先日、郵便箱にこんな郵便物が入ってました。



150624_01.jpg

犬とか猫のウンチを拾うサービスをしている会社の広告ハガキです。


料金は、

150624_02.jpg

安いんだか、高いんだかわかんない。
Litter Boxes とあるのは、猫さんですね。


Web site はこちら → 

他にもこういったサービスをしている会社があるみたい、ということは需要はあるのね。


基本的にヤードの広さは1/4エーカーから1/3エーカーとなっています。
それ以上、以下の場合は要見積となってますな。

ゲーテッド・コミュニティー(その団地?に入るのにゲートがあってキーを持っている人しか入れない)、アパート、トレイラーパーク、イベント会場などにもサービスを提供しているようです。


面白いのは、ゲーテッド・コニュニティーで放置しているウンチのDNAを調べて、犯人を確定し(予め住人の犬達のDNAサンプルを採集している)その飼い主に請求書を送る、というサービスもやっていること。
いろんなこと、やってるね。

何処の国でも犬・猫の放置ウンチは問題ですよね。

そこに、ビジネスの芽を見つけて起業したんだろうね。

飼い主も、老齢になってくるとウンチ拾いも大変だろうし、体の不自由な方にも便利なサービスかもね。



面白いね。



でもね、公共の場所で自分の犬のウンチに関して全く関心ないひと(平気で放置しちゃう人)、なんで拾うのとか思っている人もいるようだし、そういった人たちは放置するの悪いと思ってないんだよ。
そういった人たちのヤードってどうなってるのかね、自分のヤードのは拾うのか?
自分のヤードはどうなっても良いけど、公共の場所で自分の犬がしたのは、拾ってね、子供たちもそこで遊ぶんだよ。
他人の犬のウンチ、踏んだらやでしょう?(まあ、自分の犬のも、嬉しくないけど)

と言っても、虚しいけどさ。











スポンサーサイト
COMMENT (2)  EDIT | 

COMMENT

みやびさん、
イギリス人って、すごく几帳面な印象がありますが、そうでもないの?
いやあ、アメリカ人、いいかげんだよー。
プロな人もいるけど、大抵おおざっぱ。 つめが甘いんだよね。
仕事を見ていて、あれこれ言うとやるけどね、でもずーっと見てらんないし。
プロな仕事をする人は、なかなかスケジュールに空きがなかったりします、

2015/06/26(金) 11:57:32 | URL | たまあみ #g7r.6ZAU [Edit
えええ??こんなサービス、こちらでは絶対にないです。はじめ、ジョークかと思った(笑)さすがアメリカだわ。
そういえばこちらは、芝生を刈ってあげるビジネスっていうのもないですしね。ま、これはガーデニングが趣味な人が多いし、お庭もそんなに広くないからですかね。

それにね、こちらは仕事がいい加減な人が多くて
下手に頼めないっていうのが真実かも。
プロフェッショナルな仕事に徹してくれる日本やアメリカはその点便利でいいですよね。
2015/06/26(金) 01:07:18 | URL | みやび #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


Copyright © Knit 1, Purl 2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

たまあみ

Author:たまあみ












カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




検索フォーム






FC2カウンター