FC2ブログ

This Archive : 2014年12月21日

離してくれない

2014.12.21 *Sun
さて、モモちゃんはバッキングを披露しました。


こんなことをします。




簡単そうに見えますが、真っ直ぐ後ろに下がるのって結構難しいの。
モモちゃん、よくできました。



この後、見てくれた人たちへご挨拶に行きました。

141220_03.jpg

モモは、人にジャンプアップするので気をつけないといけないんだけど、この日はそんなことも無く良い子でした。
おばあちゃまの手をペロペロなめたりして、沢山ヨシヨシしてもらってました。

そんななかで、1人の車椅子に座っていたおばあちゃまが、モモが皆さんのところへ二回目のご挨拶をしている時に自分で一生懸命車椅子を動かしてモモのところに来てくれました。(写真はなし)
一回目で、モモはその人の手を舐めていました、それが気に入ったのかな?

そうしたら、そのおばあちゃま、モモのカラーとリーシュを掴んだまま離さない。
あれま、困ったわ、結構強い力で握ってました。
モモのことを引っ張ることは無いんだけど、どうしたものか?
最後は、ちょっとこちらが力を入れて手を開いてもらって、モモを開放しました。

メモリーケアーの建物で暮らしている人たちは、そうでない人たちに比べて表情が無かったり、行動が少し違っていたりで、楽しんでくれているのかどうか表情をみてもわからないことが多く、戸惑うことも多いのですが慣れてくると楽しんでくれていると分かるようになります。

多くの人が犬が近くにくると、いっぱい撫でてくれます。
そして、笑顔になって可愛いといってくれます。
そんな時に、来てよかったなと思います。


なかなか人には出来ないことで、犬の(動物の)力って凄いんだな、と思います。
アニマルセラピーが盛んになるのも、分かりますね。



ちなみに、モモちゃんはおとなりのおばあちゃまのセラピー犬です。
そして、おばあちゃまはモモのセラピストでもあります。
おばあちゃんと孫といった関係かな。







スポンサーサイト



COMMENT (4)  EDIT | 



Copyright © Knit 1, Purl 2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
12
5
6
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

たまあみ

Author:たまあみ












カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




検索フォーム






FC2カウンター