This Archive : 2009年04月

アメリカ生活50年

2009.04.30 *Thu
今日はお友達のA子さんとそのお子さんのKくんと、ボイジーに長く住んでいらっしゃるJ子さんのお宅へお邪魔しました。

J子さんは日本女性で、アメリカ人の旦那様と日本の福岡で結婚されアメリカへ着てから50年以上経つのだそうです。

旦那様は米軍にサービスされていたそうで、20年間はアメリカのあちこちで暮らしたそうです。

アイダホのボイジーへ落ち着かれて、30年ほど経つのだそうです。

50年もアメリカで暮らすと、「日本語が怪しくなっちゃうの」とのことですが、現在も綺麗な日本語をはなします。

今まで暮らしたアメリカのどの土地より、ボイジーが暮らしやすいそうです。

ハリケーン等の天災もないし、ボイジーの人達がとても親切で偏見など差別がないのが良いんだそうです。

オクラホマに居たときには、ハリケーンや竜巻で大変な思いをしたようです。

ボイジーへ来た当事70年代は、日本人も殆んど居なくて日本の食材も隣の州のオンタリオへ買いに行ったそうです。
オンタリオには日本人のコミュニティーがあります。 今はボイジーの方が日本人が沢山いそうですが。

当時ボイジーの隣の市、ナンパからオレゴン州へ西へ向かって日本人の移住者達が大きな農家を営んでいて、大きな大根などを分けてもらっていたんだそうです。

そういえば、アメリカの大根って細くて小さめですね。

さて、今日はJ子さんランチを用意していくれていました。

ツナサンドにお豆のサラダ、レタスとトマト(この組み合わせ、とってもアメリカンなんだそうです)

写真には写っていませんが、お魚のスープもありました。
お味は濃厚でフレンチ。

DSCF4260.jpg



デサートにケーキ。
フルーツをたっぷりのせていただきます。

DSCF4264.jpg

ケーキもお砂糖控えめで美味しかった。

アメリカのケーキって日本人には甘過ぎますが、J子さんの旦那様は甘いのは身体に(心臓に)良くないと、お砂糖控え目なんだそうです。いつも、「甘くしないで」とのリクエストがあるそうです。


さて、アメリカ人のお宅にはよく家族の写真が飾ってあります。

J子さんのお家にもありました。

DSCF4262.jpg

J子さんの祖母、祖父、両親、兄弟と、旦那様の両親、勿論3人の子供と一緒の写真等々。

お二人の結婚式の写真もありました。

こういうのって、良いなあ。 J子さんご夫妻の歴史がそこにあります。

小さな写真を旦那様がPCで加工して、同じ大きさに揃えて在ります。なんて、素敵!

外国暮らし、きっといろいろ苦労もあったことでしょう、でも微塵もそんなことを感じさせず凄く幸せそうで、お話を聞いているこちらも幸せな気分になれました。


ご馳走様でした、またおじゃまします。

DSCF4266.jpg

最後にJ子さんとA子さんK君の記念撮影。

K君もうすぐ1歳、とっても可愛い男の子です。 おばちゃん、めろめろです。
スポンサーサイト
COMMENT (2)  EDIT | 



Copyright © Knit 1, Purl 2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
04
1
3
8
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
28
29
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

たまあみ

Author:たまあみ












カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




検索フォーム






FC2カウンター